ご存じですか?

あまどりいちご
樹上完熟とは

”東京のいちご畑 加藤農園”は2015年より東京・練馬でいちごの栽培を始めました。東京23区内でいちごを栽培する農園はほんの数軒のみです。ここで農業を続けるからには、本当に美味しく、喜ばれるいちごを提供したいと考えました。あまどりいちごの名前には「もっとも甘さがのる完熟状態でいちごを収穫する」という思いを込めました。東京で手にすることが難しい“樹上完熟”のいちごをお楽しみください。

真っ赤ないちごをお店では見かけない理由

真っ赤に完熟したいちごは甘さはのりますが、実が柔らかくなり流通に不向きな欠点があります。トラックでの輸送中や店頭に並べられた際に、実が傷ついてしまうリスクがあります。収穫したいちごをその場で提供できる生産直売だから、完熟したいちごを手に入れることができます。

あまどりいちご

樹上で完熟するまで待つ → 美味しさの秘密

美味しいいちごを作るために、以下の栽培技術を導入しています。
・AIによるハウス内の自動環境制御 ・自然由来のアミノ酸液肥の活用
・マイクロナノバブルス水の利用 ・微生物を使った土の養生「こうすれば必ずいちごが美味しくなる」という絶対的なマニュアルは残念ながらありません。農園での日々の試行錯誤に加えて、新しい栽培技術や知識を追求しながらいちご栽培にチャレンジしています。

安心、安全と持続可能な農業の実現へ

農薬の使用量を減らすために、悪い虫を食べる天敵生物の導入や、紫外線ライトを使った殺菌の技術を導入しています。また、工場から出た排ガスを使って光合成を促進、酸素を作り出す手法も取り入れました。子どもからお年寄りまで、誰でも安心して食べられるいちご栽培を目指すと同時に、持続可能な農業にも取り組んでいます。

ミツバチ受粉

美味しくデリケートな品種

あまどりいちごは、柔らかく口溶けが良い果肉がソフトな品種で、どれも糖度が高い希少品種です。

味も香りも優れていますが、実が柔らかくて当たりに弱いため、直売やいちご狩り中心。ネット販売では、専用の特殊パッケージで大切に保護してお届けします。

OICYBERRY
おいCベリー

甘さ  
酸味  
硬さ  

あまどりいちご品種
BRAND

logo

美味しさにこだわり品種を厳選しました。栽培する品種はシーズンごとに変わる場合もあります。

加藤農園

KOIMINORI
恋みのり

甘さ  
酸味  
硬さ  

YAYOIHIME
やよいひめ

甘さ  
酸味  
硬さ  

BENIHOPPE
べにほっぺ

甘さ  
酸味  
硬さ  

YOTSUBOSHI
よつぼし

甘さ  
酸味  
硬さ  

logo

ネットショップからも
お求めいただけます

クリスマス、お年賀、プレゼントに

直売所のご案内

名称 樹上完熟・あまどりいちご
運営 加藤農園
所在地 〒177-0031 東京都練馬区三原台3丁目7
ビニールハウス
駐車場 25台
営業時間 12月~5月
11:00~16:00
※いちごが完売したら終了します
定休日 不定休

いちごの生育状況によりお休み場合があります。その際は当ホームページのお知らせにて告知します。